手軽に受けられるプチ整形|埋没法でパッチリ二重に

二重整形手術の動き

瞳

手術方法を把握する

日本人は、その骨格の関係で、まぶたが一重になっている人の割合が高くなっています。一重まぶたには、涼しげで理知的な印象になるというメリットがありますが、二重まぶたに比べると目力が弱くなってしまう点は否めません。日本人の場合、凹凸の少ない扁平気味な顔立ちになっているケースが多いため、まぶたが一重だと地味な印象になってしまいます。そのため、昔から二重整形手術を受ける人がたくさん存在していましたが、現在行なわれている二重整形手術の方法は2種類に分けることができます。それは、切開法と埋没法の2種類です。昔から行なわれてきたのは切開法による手術ですが、10年位前から埋没法による手術が行われるケースが増えてきました。安い料金で利用できることに加え、術後の腫れが少ないというメリットがあるため、今後は埋没法による手術を受ける人が増加するだろうと予想されています。

手術の特徴とは

埋没法というのは、まぶたに通した糸をまぶたの裏側で縛って固定し、皮膚に二重のクセをつける手術です。切開法のようにまぶたをメスで切り開くわけではありませんので、術後の腫れがそれほど強くありません。また、切開した部分を糸で縫合するわけでもありませんから、手術を受けた翌日から普通にメイクすることが可能です。おまけに、両目で10万円前後の料金設定になっているクリニックが多いため、あまり高額な費用がかけられないという若い女の子を中心に大人気になっています。切開法による二重整形手術を受けた場合は30〜40万円前後の費用がかかりますから、その差はかなり大きいということができます。一重に戻りやすいというデメリットがあると言われてきましたが、糸留めの個数を増やすという方法でカバーすることができます。