手軽に受けられるプチ整形|埋没法でパッチリ二重に

メスがいらない二重手術

目元

リスクが少ない

埋没法は美容外科でできる二重のプチ整形です。美容整形の中でもっともリスクが低いといわれており、料金もリーズナブルなので比較的受けやすい手術です。埋没法は糸を使って二重にするプチ整形で、メスを使う二重手術よりも腫れや痛みが少ないです。しかし、まぶたの脂肪が厚いと二重が作りづらくなります。また、並行型の二重になりたい場合は埋没法ができない場合もあります。埋没法は元に戻りやすいという欠点があるので、万が一の場合に備えて「再手術無料保証」がついている手術プランを選ぶことをおすすめします。抜糸の必要はありませんが、手術をして終わりではなく、アフターケアをしっかりしてくれるクリニックであることも大事です。

二重の種類

二重の種類は大きく分けると「末広タイプ」と「平行タイプ」があります。末広タイプは蒙古ヒダの内側から目じりにかけて二重のラインが末広になっているタイプで、日本人に多い二重まぶたです。平行タイプは蒙古ヒダの上から目じりまで並行に二重になっているタイプで、外国人に多いタイプの二重まぶたです。末広タイプよりも華やかさがあります。埋没法ではどちらのタイプの二重も作れますが、まぶたの脂肪のつき具合によっては並行タイプにできない場合もあります。その場合は脱脂する必要があります。まぶたの脂肪が平均以下であれば、平行タイプの華やかな二重も作れます。メスを使わないで行う手術なので、気に入らなければ元に戻すこともできます。